平昌オリンピック・ビッグエアでは岩渕麗楽に注目…XGamesでシルバーの新星

平昌オリンピック、スノーボードビッグエアで注目される選手は、なんといっても先月行われたXGames 女子ビッグエアで日本人女子ライダー最高位であるシルバーとなった岩渕麗楽。

なんとまだ16歳の高校生ライダーです。

平昌オリンピックではスロープスタイルとビッグエアに代表として選ばれています。

XGamesで岩渕はファイナル2本目にバックサイドダブルコーク1080°をメイクし、44ポイントの高得点をマークしました。昨年12月にはFISワールドカップで同じトリックをメイクし優勝しています。

ワールドカップでは縦軸がやや甘く着地でも手をついてしまいましたが、XGamesの時は縦軸が強くなり着地も完璧で、より完成度の高いエアとなっていました。

ちなみに女子でバックサイドダブルコーク1080°を公式戦でメイクしたのは、彼女の他にはXGamesビッグエアでゴールドとなったアンナ・ガッサーだけ。

ビッグエアでは3本飛んで得点の高い2本の合計で競うのですが、同じトリックが使えないというルールがあるため、岩渕がビッグエアでメダルを狙うには正直もう一つ大技がほしいところではあります。

しかし大きな大会のビッグキッカーを物ともしないメイク率の高さ、短期間でトリックの完成度をあげてる成長性、そして昨年から好調が続いている勢いで、素晴らしい結果を残してくれるかもしれません。

まずは19日のビックエア予選…。

どんなエアをみせてくれるか注目です。

スポンサーリンク