オーリーハウツー動画

スポンサーリンク
スポンサードリンク

オーリーは正確にはグラトリとは違いますが、グラトリでのスピン系トリックの基本であり、他にもプレス系トリックを仕掛けるときのきっかけに使ったり、レール・ボックスなどジブ系アイテムへのアプローチ、ワンメイクジャンプでキッカーを抜ける時に使ったりとグラトリだけではなく応用範囲の広いテクニックです。

オーリはもともとスケートボードのトリックで、1980年代にパウエル・ペラルタのプロスケーター、アラン・ゲレファントが開発し彼のニックネームが名前の由来とされています。

スケートでのオーリーは、テールを足で弾いた反動とノーズ側の足運びによってデッキ(板)を空中に浮かせるのに対し、スノーボードではテールをしならせた反動を使って飛び上がります。

飛び上がるときにテールの反発力を得るためには、飛び上がる時の重心をボードのややテール側に移動する必要があります。

この重心移動を上半身をテール側に大きく倒してテール側に加重すると、後傾姿勢になってしまいうまく飛ぶことができません。腰を中心にややテール側に重心を置き、頭はボードの中心側に残すようなイメージで加重するとテールをしならせつつ飛び上がることが可能です。

スノボステッカー販売店


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする