激安のスノボウェアってどうなの?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

楽天やスポーツ量販店で売られている上下セットで15,000円以下の激安スノーボードウェアは、ウェアとしての性能はどうなのか?

初心者にもわかりやすいようスノボウェアの各機能を交えて解説したいと思います。

まずスノーボードのウェアに求められるのは「雪の侵入を防ぐ」という事です。スノーボードは呼んで字のごとく雪の中で滑りますので、ウェア内に雪が入らないよう各機能が備わっています。

単純なものとしては、ジャケット裾についたドローコードや袖のマジックテープなどで、ドローコードは1万円を切るウェアには付いてない事がありましたが、最近の激安のスノボウェアにはほぼ付くようになりました。

さらに雪が入らないようなウェアの機能として、パウダーガードというものがあります。これはウェアの裾部分にさらにインナーウェアがあり、雪の侵入を防ぐというものです。パンツの裾やウェアの裾や袖などには割と昔から付いていましたが、今はパンツの腰部分にも付いているウェアがあり、バートンのウェアのようにウェア裾のパウダーゲートとジッパーで繋ぐ事が出来る物もあります。

WAIST_GAITERLYCRA_HAND_PANTIES2012-2013-flylow-stash-pant-gaiter2_sfunc13_s

激安のスノボウェアだと、パンツの裾とジャケットのウエスト部分のパウダーガードはほぼ標準装備ですが、ジャケットのハンドガードとパンツのウェスト部分のパウダーガードが付いているのは、激安の中でも価格が高め(上下セットで1万5,000円くらい?)な物となります。

そして雪を防ぐと同時に、ウェアには防水性能も求められます。

スノーボードウェアの防水性については撥水性能と耐水圧に分けられます。

一般的にウェアの防水性能といえば撥水性を思い浮かべる方が多いと思いますが、重要なのは「耐水圧」です。

耐水圧とはその素材が直径10cmの円柱に入れた水の何mmの高さの水圧まで耐えられるか?というJIS規格に基づく耐水圧試験の数値のことです。一般的にスノーボードウェアでは5000mmから20000mmの耐水圧を持つ素材が使用されます。撥水性がいくら良くても耐水性が低いウェアだとパンツのおしり部分から水が染みてくる…といった事が起きたりします。

激安なスノーボードウェアの場合、5000mmにも満たない物が多かったのですが、最近では5000mmの物や少し高めだと10000mmの物も見受けられるようになりました。耐水圧の表記がないウェアは購入の際に確認することをおすすめします。

ちなみに10000mmもあれば通常のゲレンデでは十分ですが、より防水性の高い高価なウェアだと20000mm以上の物もあります。さらに縫い目からの水の侵入を防ぐテープドシーム加工がされている場合も多いです。

もうひとつ、耐水圧とともに重要な項目としてウェアの「透湿性」というものがあります。

スノーボードウェアは、防水性だけ良ければいいというものではありません。なぜなら防水性だけ良いというのであれば、水を完全に通さないビニールなどの素材でウェアを作れば良いはずですが、そうすると実際には激しく動くことによって出た汗によって、ウェアの内部は蒸れてしまい全く実用的ではなくなってしまいます。

つまり防水性とは逆にウェア内部の水蒸気を外に出す機能=透湿性が求められるわけです。

耐水性・透湿性

ウェア生地自体の透湿性を数値化したものが「透湿度」という値です。これは生地1平方メートルが24時間あたりでどれだけの水蒸気を通す事ができるかというものです。

一般的なウェアは5000g程度から10000g程度で、ダウンジャケットのような保温性のあるウェアや、耐水圧の高い素材を使用しているウェアは低くなっている場合が多いです。

10000g以上の透湿度があるウェアはゴアテックスなど高価な生地を使用しており、ウェアの価格も高い傾向にあります。またツナギは上下が分かれているウェアと比べて、同じ透湿度の生地でも蒸れやすいので注意しましょう。

残念ながら激安ウェアで透湿性までを表記している物はほとんど見受けられません。よって激しく動いて体温が上がると蒸れてしまう事があります。

そんな時に役立つ機能として「ベンチレーション」という機能があります。

これはジャケットであれば主に脇、パンツであれば内腿部分にジッパーがついており、そこを開けることでウェア内の水蒸気をすばやく外に出すことができるもので、体温のコントロールの意味もあります。

bape-woodland-camo-gore-tex-jacket-3_sVolcom-V-Bird-Gore-Tex-Snowboard-Pants-2014-Teak-Inner-Leg-Vent-Open_s

雪が進入しないようにメッシュ状となっているものもあります。

これだと激安のスノーボードウェアにも付いている物が多いです。

激安ウェアを購入する際は、とりあえず安くウェアを…ということで値段ばかり見てしまいがちですが、これらの機能をチェックしてみると思わぬ掘り出し物に巡りあうかもしれません。

スノボステッカー販売店


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする