「グラトリに向いた板」について考える

スポンサーリンク
スポンサードリンク

キッカーやジブアイテムを使わず、ゲレンデのコース上でトリックを行ういわゆるグラトリ(グランドトリック)ですが、リバイバルとして流行り始めた2003年頃から毎年目にする質問が、「グラトリ用の板ってどれですか?」「グラトリに向いた板ってどんな板でしょうか?」といった、板に関する質問。

うちのサイトも13年ぐらいやってますが、特にグラトリブームがピークだった05-06シーズンぐらいには、この手の質問がよく投稿されていました。

しかしこういった質問は当時とても回答に困りました。極論として「どんな板でもグラトリはできます」といった少し意地悪な回答をしていた事もあります。

それにはグラトリというジャンルのかかえる矛盾みたいなものが関係しているのです。

今回はその点についての解説をしたいと思います。

色々あるグラトリサイトでよく薦められているグラトリ用の板の特性として「柔らかい板」というのがあります。板のフレックスが柔らかい板はエッジコントロールがしやすく、しならせる事が簡単なためグラトリのトリックに向いているというのが主な理由です。

たしかにフレックスが柔らかい板だとボードさばきが自由自在で、プレスもありえないくらいに浮かせることが出来るため非常に面白いです。

ところが柔らかい板というのは、板の反発が弱いということでもあり、スピン系のトリックではオーリーやノーリーの際に高さが出にくいといったデメリットが生じます。

ノーズやテールを上手く弾くことができるのであれば、スピントリックに向いた板というのはある程度反発のある「硬めの板」という事になり、これが一概に「グラトリに向いた板」というのを決めつけることができない要因なのです。

つまりグラトリにはレール・ボックスのような板さばきを要求される要素、そしてキッカーやパイプのようなエアー系の要素が混在しているため、極端な特性の板ではやりにくいトリックが出てくるということです。

そんなわけで、当時は体型や滑りの割合(フリーラン5 グラトリ3 キッカー2 など)、グラトリでどういったトリックを主にやりたいか聞いたりしてから回答していました。

しかし私自身としては、本来グラトリとはフリーランの延長線上として、地形を活用した遊びなどと組み合わせて楽しむものと考えていたため、グラトリブームの際によく見られた、山頂からリフト乗り場までひたすらクルクルとグラトリしたり、グラトリのトリックをはさむとフリーランの流れが止まるといったグラトリがすべての中心となってしまっている滑り方は「ちょっと違うかな」なんて思っていました。

そのため、「グラトリを始めたいのでグラトリ用の板を教えてくだい」といった「グラトリ用の板」というものがないとグラトリはできないんじゃないか?といった趣旨の質問には、諭す意味で最初に書いていた「どんな板でもグラトリはできます」といった半ばトンチ問答のような回答をしていたわけです。

実際にグラトリはどんな板でも可能です。大昔のビデオではアルペンタイプのボードでも簡単なグラトリしているのを見たことがあります。

ただ、グラトリ=低速でトリッキーな板さばきの連続技という考えであれば、やはり柔らかい板が圧倒的にやりやすく面白いです。ただしこういう板での荒れたゲレンデや、アイスバーンでの滑走は最悪で非常に足が疲れます。キッカーでも着地の衝撃が吸収しづらく危ないです。

特性が偏るとデメリットも大きくなります。

スノーボードブランドではこのような矛盾をなんとか解消しようと、グラトリブームの加熱に伴い板の特性の改良が行われるようになりました。

たとえば、板をただ柔らかくするのではなく、中央を柔らかくしてノーズ・テールを硬めにして反発力をなるべく落とさないようにした物(011 artistic doubleなど)、または通常板の中央にあるキャンバー構造を、ノーズ・テールの2箇所に作り反発をもたせた物(BURTON custom Flying V Rockerなど)が次々とリリースされ今や定番のモデルとなっています。

このようなユニークな特性を持った板をチョイスするのも、グラトリを楽しむための一つの方法だと思います。

でも忘れてはならないのはスノーボードの基本はフリーラン。
グラトリ好きな人も、キッカー好きな人も、最終的に落ち着くのは「フリーランで調子のいい普通の板」だったり。

スノボステッカー販売店


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする