ソチオリンピック スノーボード男子ハーフパイプ 平野歩夢・平岡卓が予選通過 ショーンが新技試みる

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ソチオリンピック

先ほど男子ハーフパイプの予選が終了し、1組目は平野歩夢が高さとリップトゥリップのスムーズなエアーで92.25のスコアを出しダントツのトップ通過。

2組目は「怪物」ショーン・ホワイトが95.75のスコアで1位、平岡卓も92.25で2位となり予選から決勝へと進みました。

残念ながら青野令と小出藤歩夢は予選敗退となってしまいました。

ショーンが懸念してた通り、パイプのコンディションが非常に悪く転倒者が続出。

ショーンは2本目にダブルマックツイスト1260°→フロントサイドダブルコーク1440°を試みていましたが、半回転足りずで失敗し決勝でどのようなルーティンになるか現段階では予想できません。

また非常にカメラワークが悪いのも気になります(笑

この後、日付が変わった12日0:00から決勝の残り6人を決める準決勝が行われた後、続けて2:30から決勝が行われます。

日本人初のメダルに期待です。

スノボステッカー販売店


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする