Winter Xgames 2013 スーパーパイプでショーンホワイトが6連覇を達成。日本の平野歩夢もシルバーに!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アメリカコロラド州アスペンで24日から行われているWinter X Games ASPEN 2013ですが、27日に行われたスーパーパイプファイナルでショーン・ホワイトがダブルコーク1260°とダブルマックツイスト1260°をバック・トゥ・バックでメイクし6連覇となるゴールドに輝きました。



動画リンク

ショーンは昨年に膝の手術を受けていましたが、やはりその影響か26日のスロープスタイルでは5位という結果に終わり、予選でもわずかにイウーリ・ポドラチコフにポイントリードを許してしまい2位での通過となっていました。

しかしいざファイナルがスタートすると、エアーの高さとダブルマックツイスト1260°を入れたルーティンで他のライダーを寄せ付けないポイントを出し、1本目・2本目と1位のまま、直前のスコッティ・ラゴがドロップインを失敗してしまった事により3本目を滑る事なくゴールドが確定!

3本目に膝を気遣ったのか流して終了していたのが少し気になりましたが、さすがショーンと言わざるを得ない滑りを見せてくれました。

このショーンとの対決が注目されていた、予選で1位通過のiPodことイウーリ・ポドラチコフですが、決勝を欠場してしまい対決は実現されませんでした。下馬評ではCABダブルコーク1440°にトライするかもしれないと言われていただけに残念です。


動画リンク

そして、日本人勢で唯一ファイナルに進出していた14歳の平野歩夢が、2本目に92.33と1本目のショーンのポイント95に迫る高得点を出し、そのまま抜かれることなくシルバーに輝きました!

ここ数年は、スーパーパイプの表彰台に必ず日本人ライダーが立っていて嬉しい限りです。


動画リンク

↑1本目では失敗してしまったダブルコークをきっちりメイクしています。

14歳のルーキーということで、かなり注目されていたらしくTV中継ごしに聞こえる歓声が物凄かったです。

ブロンズに輝いたのはKISSMARKのライダー、マルクス・マリーン。


動画リンク

公式リザルト&動画

スノボステッカー販売店


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Mamiko より:

    はじめまして。イウーリの大ファンです。ずっと応援していました。彼はなぜ、決勝を欠場してしまったのでしょうか。後から、ESPNの録画をインターネットで見ていたのですが、決勝の時、司会者は特に説明もなく、淡々と進めていき、ショーンが見事に優勝していました。
    イウーリが膝かどこかを痛めたのか、とても心配です。まだシーズンが始まったばかりなので、怪我で大事をとったのだと思いますが。
    失礼します。

  2. hiro@管理人 より:

    Mamikoさん はじめまして!
    どうやらウィルス性の胃腸炎にかかってしまい出場を見送ったようです。

    ツイッター上では「二日酔い」説が流れたりもしていましたが、少なくとも怪我による欠場ではないみたいですよ。

    ショーンとの対決が実現せず残念です。

  3. Mamiko より:

    hiro@管理人さん、即答してきただき、大変ありがとうございます。
    そうですか、それなら心配しなくてすみました。
    よくパーティやうちあげなどで、ボトルをかかえて飲むそうですからね。
    私もショーンとの激突が見たかったのですが、残念です、今回は見送るしかないですね。