トリプルコーク1620°祭り状態!角野友基が X Games 2014 ビッグエアーでシルバーに

スポンサーリンク
スポンサードリンク

角野友基 トリプルコーク1620

22日からアメリカのコロラド州で開催されているX Games 2014で24日にビッグエアーが行われ、日本からの招待ライダーだったソチオリンピック代表・角野友基が日本人としては初となるシルバーに輝きました。

今大会では予選で大会史上初のトリプルコーク1620°がノルウェーのトーガア・バーグレムによってメイクされると、シルバーの角野友基、そしてゴールドとなったカナダのマクセンス・パロットらが次々とトリプルコーク1620°を繰り出し、トリプルコーク祭り状態となりました。

角野友基 BSトリプルコーク1620°ミュートグラブ(動画の2本目)

マクセンス・パロット BSトリプルコーク1620°ミュートグラブ(動画の1本目)

両方とも同じトリックで同じスコア(47pt)!

ブロンズのステール・サンドベック BSダブルコーク1440°インディーグラブ(動画の1本目)

予想外だったのはトースタイン・ホーグモや、セバスチャン・トータント、セージ・コッツェンバーグらが予選敗退だったという点です。マクセンス・パロットが19歳、ステール・サンドベックも20歳、角野友基に至ってはまだ17歳と若い世代が頭角を現した今大会でした。

そういえば以前紹介した、ナイキの光るスノーボードブーツですが、ナイキのサポート受けてるセージ・コッツェンバーグと、ホルダー・ヘルガソンが履いていました。

光るスノーボードブーツ

夜間だとかなり目立ちますね(笑

スノボステッカー販売店


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする