シグナルスノーボードのデイブ・リーがダンボールでスノーボードを製作

スポンサーリンク
スポンサードリンク

20140222_signal01

アメリカ・シアトルのマーヴィン社(リブテックなどを生み出した工場)で、板のプレス過程作業員から、プロスノーボーダーへと転身し活躍したデイブ・リーが立ち上げたブランドSIGNAL SNOWBOARDSが、ダンボールを使ったスノーボードを製作し話題になってます。

使用したダンボールは100%リサイクルのもので、いくつかの層を貼りあわせポリウレタン樹脂で固めて製作。一般的なサンドイッチ構造の板と同じ製作方法となります。

かかった費用は14ドル程度だそうです。

20140222_signal02

まず設計図通りにプロッタというマシンでダンボールをカット。

20140222_signal03

ちゃんとスノーボードとして機能できるよう、フレックスを生み出すIビーム(カーボンIビームならぬペーパーIビーム?)やX状のパーツを組み合わせます。

なにせ素材が紙なので、色々と試行錯誤して組み合わせています。

20140222_signal04

ソールもダンボールなのでカットしたシグナルのロゴを入れます。
嬉しそうな笑顔(笑

20140222_signal05

最後にポリウレタン樹脂で固めて完成。
早速雪山に出発です。

20140222_signal06

フリーランは難なくこなせるみたいです。
製作過程を見る限りスチールエッジが無いみたいですが、ターンもスムーズ。

20140222_signal07

ところが調子に乗ってグラトリしていると…ポッキリやってしまいました。

20140222_signal08

変形スプリットボードになってしまいました(涙

20140222_signal09

紙製なのでゴミ箱へ…「バイバイ スノーボード」

動画

スノボステッカー販売店


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする